HOME > 研究科案内 > 沿革

沿革

研究科の沿革

平成8 (1996) 年4月1日
 ・言語社会研究科開設。第一回入試実施 (4月15/18日)

平成8 (1996) 年5月1日
 ・言語社会研究科第一期生入学式

平成8 (1996) 年5月11日
 ・言語社会研究科正式に発足

平成10 (1998) 年3月
 ・第一期生博士前期課程 (修士課程) を修了 (学術修士) 。

平成12 (2000) 年4月
 ・言語社会研究科・留学生センター合同棟完成、「国際研究館」と命名。

平成13 (2001) 年3月
 ・最初の博士後期課程修了生、博士 (学術) 学位取得。

平成17 (2005) 年
 ・独立行政法人国立国語研究所との連携講座新設。従来の体制を「言語社会部門 (第1部門) 」とし、新設の連携講座を基に「日本語教育学位取得プログラム」を運営する「日本語・日本文化部門 (第2部門) 」との2部門体制を採る。

平成18 (2006) 年
 ・長期履修制度導入。
 ・研究科紀要『言語社会』創刊。

平成19 (2007) 年4月
 ・東京学芸大学との連携事業として、言語社会研究科に連携講座「アジア文化講座」を設置。
 ・MAP (ミュージアム・アドミニストレーション・プログラム) を開始。博物館法施行規則の改正に伴い、平成24 (2012) 年3月に終了。

平成20 (2008) 年10月
 ・上海財経大学国際文化交流学院 (中国) との学術/学生交流協定締結。

平成22 (2010) 年4月
 ・台湾国立政治大学台湾史研究所との学術交流協定締結。

平成23 (2011) 年4月
 ・復旦大学中国語言文学系 (中国) との学術/学生交流協定締結。

平成24 (2012) 年2月
 ・延世大学校人文学研究院 (韓国) との学術交流協定締結。

平成27 (2015) 年1月
 ・上海大学文学院 (中国) との学術交流協定締結。

平成27 (2015) 年4月30日
 ・東呉大学外国語文学院 (台湾) との部局間学術/学生交流協定締結。

 

 
 

このページのトップへ