HOME > 研究科案内 > 一橋大学大学院言語社会研究科 韓国学研究センター

研究科案内

一橋大学大学院言語社会研究科韓国学研究センター

 

言語社会研究科では、平成28(2016)年12月1日に、研究科内センターとして、「一橋大学大学院言語社会研究科韓国学研究センター」を設立しました。これは、本研究科が受け入れた韓国学中央研究院からの受託研究Korean Studies in Search of Possibilities for Historical Reconciliation : The Glocal Spectra of Experience, Memories, and Co-existence (研究代表者イ・ヨンスク教授)を推進する基盤組織として設置されたものです。


当センターは未来志向的なテーマを掲げ、一橋大学が日本における韓国学の「新しいリーダー」としての地位を確立できるように基本ミッションを設定し、「韓国学の中核的人材の育成」を柱に据えた多様な研究と教育を実施していきます。


当センターの統括責任者はイ・ヨンスク教授で、イ・キュス(李圭洙)氏が専任チーフ・コーディネーターとして、センター業務を担当します。センターのオフィスならびに資料室は東キャンパス第 3 研究館 2階(209室、210室)に設置されております。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ