HOME > 入試情報 > アドミッション・ポリシー

入試情報

アドミッション・ポリシー 

修士課程第1部門

 言語社会研究科第1部門「人文総合」は、言語、文学、思想、芸術、さらに種々のメディア形態に対して、生き生きとした関心をもつ学生を求めています。既成の枠組みにとらわれることなく、常に新たな試みにチャレンジする姿勢こそ、言語社会研究科の研究と教育が目指す方向です。  

言語社会研究科では、

・修士課程を修了した後に社会に出て活躍する   
・博士課程に進学して研究に従事する   
・本研究科で自分自身の表現活動に携わる   
・本研究科に留学して、研鑽を積む   
・社会人の経験を踏まえて、大学院で知識のブラッシュアップをはかる

などの目標をもった方々を歓迎します。

 

修士課程第2部門「日本語教育学位取得プログラム」(一橋大学・国立国語研究所連携講座)

言語社会研究科第2部門では、日本語教育を中心に、言語、社会、文化に対して高い関心と問題意識をもった学生を求めています。国立国語研究所の協力による最先端の日本語研究、留学生センターの支援による実践的な日本語教育をベースにした、専門性・学際性を重視する姿勢こそ、第2部門の研究と教育が目指す方向です。

第2部門では、

・修士課程を修了し、国内外の第一線の現場で日本語教師として活躍する
・博士課程に進学し、研究対象への考察を深め、博士号の取得を目指す
・日本語教育の経験を生かし、教育現場の抱える問題を解決する研究を志す   
・日本語を対象化して分析する力を養い、高度の専門性を身につける   
・海外から留学して日本語力にみがきをかけ、将来海外と日本の架け橋となる

などの目標をもった方々を歓迎します。

 

言語社会研究科博士後期課程

 言語社会研究科第1部門は、言語、文学、思想、芸術、さらに種々のメディア形態に対して、生き生きとした関心をもつ学生を求めています。既成の枠組みにとらわれることなく、常に新たな試みにチャレンジする姿勢こそ、言語社会研究科の研究と教育が目指す方向です。博士後期課程では、研究者として高度な専門性と幅広い学際性を身につけたい、独創的な研究を進めたいという意欲のある学生を歓迎します。

 第2部門では、一橋大学の少人数制ゼミナール教育の伝統と、国立国語研究所との連携を活かし、国際的に活躍できる、日本語教育関連領域の研究者・教育者の育成を目指しています。博士後期課程では、日本語教育者として高度な専門性と幅広い学際性を身につけたい、日本語や日本文化を対象に独創的な研究を進めたいという意欲のある学生を歓迎します。

 

2013年11月

 

このページのトップへ