HOME > 教育活動 > 東京学芸大学との連携事業

教育活動

東京学芸大学との連携事業

東京学芸大学と一橋大学は、2007(平成)年4月より、大学院言語社会研究科に連携講座アジア文化講座を設置し、これを拠点として連携協力し先端的研究と実践的教育を行うことになりました。当面の研究教育領域は、東アジアならびに日本の文化で、この領域を専門とする一橋大学言語社会研究科、および東京学芸大学教育学部の数名の教員が連携協力して業務に当たります。東京学芸大学の教員の方々には、一橋大学の連携教授として研究教育業務を担当していただきますので、一橋大学言語社会研究科の東アジア、日本関連の研究教育には一層の充実が期待されます。これらの先生方には、演習の担当をお願いし、大学院生の研究指導をご担当いただくことになります。

河添房江教授

専門分野:日本古典文学
現在の研究課題:平安文学と東アジア世界、源氏物語とその享受史、日本文学研究と情報処理 

黒石陽子教授

専門分野:人形浄瑠璃に関する研究、歌舞伎に関する研究、草双紙に関する研究
現在の研究課題:人形浄瑠璃に関する研究、歌舞伎に関する研究、初期草双紙(黒本・青本)に関する研究

石井正己教授

専門分野:国文学、民俗学、文献学
現在の研究課題:国文学

松岡榮志教授

専門分野:中国中世文学、中国語教育、漢字情報処理
現在の研究課題:陶淵明を中心とした魏晋南北朝文学研究 異体字、俗字を中心とした漢字情報処理 教授法と教材開発を中心とした中国語教育

高橋忠彦教授

専門分野:中国文化史
現在の研究課題:喫茶文化を中心とした中国文化史

          

更新:2014年4月

このページのトップへ