HOME > 教育活動 > 国立国語研究所との連携事業

教育活動

国立国語研究所との連携事業

日本語教育学位取得プログラム

本プログラムは、一橋大学大学院言語社会研究科と国立国語研究所の連携講座を主体に、一橋大学国際教育センター(旧留学生センター)のサポートも加わり、それぞれの特長を活かして、日本語教育学、日本語学、社会言語学、日本文化を総合的に学ぶことができる「多面的な学び」を提供すると同時に、産業界や地域社会との連携に実績のある一橋大学ならではの「実践的な学び」をも提供、この二つを有機的に結びつけた「多彩な学び」を最大の特長として、国内最高水準の教育の提供を目標として、2005年度に設置されました。

本プログラムは博士前期課程(修士課程)、同後期課程(博士課程)から構成され、修了後には「学術修士」、「学術博士」の学位が授与されます。

研究科長メッセージ

日本に関する深い理解を携えて、国際的に活躍する日本語教育者を養成する…これが本プログラムの目的です。言語と社会の複合的な関係を主な研究対象とする一橋大学大学院言語社会研究科の学生の中には、日本語そのものをさらに深く学びたい、課程修了後は日本語教育に従事したいという希望を持つ者も少なくありませんでした。そこで、2005年春に立川に移転した国立国語研究所の協力を得て、本研究科に連携講座を設置し、「日本語教育学位取得プログラム」を実施、運営することになりました。本学の国際教育センターも、その豊富な留学生教育の経験に基づき、サポートします。連携講座を運営する三者は、それぞれに日本文化・日本語教育・日本語学について豊富な研究・教育の実績を持っています。これからの日本語教育担当者には、これらの方面に関する高度で専門的な知識が求められています。本プログラムは多彩な学びを提供して、学生のみなさんの日本語に関する様々な問題関心にお応えします。修了後のキャリア・パスとしては、日本語教員のポストに就く、博士課程に進学するといったオプションのほかに、官公庁や地域自治体で国際交流業務に携わる、留学生の場合は、日系企業や合弁企業に就職して、国際ビジネスの最先端で活躍することもあるでしょう。こうした可能性をサポートするため、インターンシップや地域ボランティアなど、実践的な学びの機会も用意します。日本語教員にも学位が必須の時代です。現場での教育実績をお持ちの方々のリカレント・プログラムとしても活用できるでしょう。

2005年4月 研究科長 佐野泰雄

本プログラムのコアスタッフからのメッセージ

イ・ヨンスク(一橋大学大学院言語社会研究科教授)

日本語を学ぶ際に、背景となる歴史的問題や社会・文化を視野におさめることは、とりわけ漢字圏からの留学生には、日本語と母語の関係を振り返るよい機会になります。日本語を内外両面から眺めることで、日本語研究の厚みも増してくると思います。

井上 優(国立国語研究所言語対照研究系教授)

日本語教育は、「日本語」を中心として様々な専門領域の人が集まる場です。日本語研究を含む様々な背景を持った人が集い、それぞれの研究を有機的に結びつけることで、日本語教育の研究は厚みを増していきます。この連携講座はそのための核になることでしょう。また、留学生にとっては、日本語の研究を行うことは、同時に自分の母語や文化を見つめなおすよい機会にもなるでしょう。

五味政信(一橋大学国際教育センター教授)

一橋大学国際教育センターは「専門日本語教育」について豊富な研究と実践の蓄積を持っていると自負します。最先端の日本語研究を行う国立国語研究所、日本語の内と外を研究する国際教育センターと言語社会研究科の三者が運営する本プログラムは、日本語を多面的かつ本格的に学ぶことのできる、国内最高水準の教育を提供します。

2010年7月28日更新

連携機関紹介

大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立国語研究所

国立国語研究所は1948(昭和23)年に創設され、独立行政法人を経て、2009(平成21)年10月に大学共同利用機関法人 人間文化研究機構の6番目の機関として設置された国内最大の日本語研究機関です。新しい国立国語研究所は「理論・構造研究系」「時空間変異研究系」「言語資源研究系」「言語対照研究系」の4研究系と、「研究情報資料センター」「コーパス開発センター」「日本語教育研究・情報センター」の3センターから構成され、「日本語」という言語が持つ普遍性と個別性を多角的・総合的に研究し、その成果を広く社会に還元することにより、人間に関する理解と洞察を深めることをミッションとしています。これまでの研究の蓄積を踏まえながら、研究の国際的拠点として、国内および海外の大学・研究機関と大規模な理論的・実証的共同研究を展開しています。

一橋大学国際教育センター(旧留学生センター)

旧留学生センターは学内共同教育研究施設として1996年5月に設置されました。以来、一橋大学に在籍する外国人留学生のための日本語教育と生活指導は、このセンターを中核として実施しています。国際教育センターは日本語教育部門と留学生相談部門から構成されており、全留学生対象の日本語授業と日本事情教育、ならびに国費研究留学生を主な対象とする6か月集中日本語予備教育などを実施する一方、留学生の生活、就学、就職等の相談に応じています。

>>カリキュラムはこちら

2010年7月28日更新

このページのトップへ