HOME > 教育活動 >カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育活動

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 一橋大学大学院言語社会研究科は,言語・社会・文化等の研究・教育を通した,人文学諸分野の発展に寄与する専門的かつ独創的な知見を有する研究者や教育者の輩出,深い人文的教養をもって現代社会の諸問題を解決する能力を有する高度専門職業人の養成を目標に掲げています。この目標を実現するために,本研究科は「人文総合(第1部門)」と「日本語教育学位取得プログラム(第2部門)」の二部門体制をとっています。修士課程ではそれぞれの部門で入学試験を行い,その後の教育も部門の枠組みに沿って行なわれますが,両部門とも同一の「言語社会専攻」に属します。

 第1部門と第2部門に共通するのは,両者ともゼミナール(演習)を中心としたカリキュラムを編成していることです。学生のみなさんは,指導教員が開講するゼミナールに所属し,それを学習の基礎に据えます。その上で自分の研究テーマに即した授業科目を選択し,受講することになります。ゼミナールは,少人数教育のもとでの教員と学生との双方向的な研究・教育の場であり,そこで人文的教養を深めるとともに,実践的能力を磨き,学位論文執筆に至るまでの研究能力の育成を図ることができます。

 具体的なカリキュラムの内容は,第1部門と第2部門でかなりちがっています。

  第1部門「人文総合」では,「専門講義」において,言語・思想・文学・芸術等人文学全般に関する先進的な知識・方法を深く,かつ幅広く学ぶことができます。また,「基礎講義」においては,各学問分野の基礎的な考え方や方法論を学ぶことができます。「専門講義」と「基礎講義」を自分の問題意識や研究目的に応じて履修することで,人文学諸分野に関する教養と先進的な知見を得ることが可能になります。さらに,「基礎講義」とともに,高度な語学力育成を目指した「文献演習」を設置しており,研究を進める上での基礎力を養成できるようにしています。そのほかに,学芸員資格取得を目的とした学芸員関連科目があり,例年多数の学芸員資格を取得する学生が出ています。さらに,出版社,新聞社,美術館等でインターンシップを行う就業体験実習,英語専修免許が取得できる科目等が用意されています。またアジア関係の研究関心に応えるために,東京学芸大学との連携講座を設置しており,講座を担当する東京学芸大学教員の指導を仰ぐこともできます。 

 第2部門「日本語教育学位取得プログラム」は,社会科学の総合大学としての一橋大学という環境を背景として,先進的な視点から日本語教育学,日本語学,日本文化学の専門家を養成することを目標としています。第2部門の大きな特色は,一橋大学大学院言語社会研究科,一橋大学国際教育センター,人間文化研究機構国立国語研究所が協力連携して運営に当たる「連携講座」であるということです。第2部門の授業科目は,この三つの機関の特色,ならびに教員の専門領域により,「日本語教育学科目」,「日本語学科目」,「比較文化学科目」に分かれており,それぞれのテーマに即した研究を進めることができます。なお,第2部門修士課程修了者に対しては,修士の学位に加え,履修上の一定の条件を満たせば,高度の専門性を有し,国の定める日本語教育に関する課程の基準に準拠した内容を履修,修得した証として,「日本語教育学位取得プログラム修了証」が授与されます。

 なお,両部門とも,修士課程において,働きながら学ぶ学生のための長期履修制度を実施しています。

 本研究科では,ディプロマポリシーとして掲げた目標を達成するために,厳格な学位論文審査や成績評価,および教学に関する意見交換やファカルティ・デベロップメント(FD)会議の開催により,カリキュラムの現状,成果,問題点を検証し,必要に応じてカリキュラムの改善を行っています。

 

2017年3月

このページのトップへ