HOME > 2013年度イベント情報 > 文学・証言・生表象ー文学研究と歴史記述研究の対話
 

お知らせ

文学・証言・生表象 ―文学研究と歴史記述研究の対話―
Litterature, Temoignage, Representation de la vie ― Dialogue entre l’etude litteraire et l’etude historiographique

一覧へ PDFへ
  • 日時:2013年9月28日(土)午後2時〜
  • 場所:一橋大学 東キャンパス国際研究館4階 大教室(地図44番の建物)
  • 主催:「文芸事象の歴史研究会」/共同研究「生表象の動態構造」
  • 使用言語:フランス語(日本語通訳付き)
  • 連絡先:森本 淳生(一橋大学言語社会研究科准教授)

講演者

  • ニコラ・シャピラ Nicolas SCHAPIRA(マルヌ・ラ・ヴァレ大学)
  • ダイナ・リバール Dinah RIBARD (社会科学高等研究院)
       《農村における政治と文学 ──レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ》
       "Politique et littérature au village. Rétif de la Bretonne"

コメンテーター:

  • 桑瀬章二郎 Shojiro KUWASE (立教大学)
       《政治的概念としての「人民(あるいは農民)」》
       "Peuple (ou Paysan) comme concept politique"
  • ジュディト・リオン - カン Judith LYON-CAEN (社会科学高等研究院)
  • クリスチアン・ジュオー Christian JOUHAUD (社会科学高等研究院)
       《フランス組曲 レチフからネミロフスキーへ 農村におけるフランス》
       "Suites françaises: de Retif a Nemirovsky, la France au village"

 

 

 

 

このページのトップへ