HOME > 2013年度イベント情報 > 〈書くこと〉と権力の生成
 

お知らせ

共同国際ワークショップ「〈書くこと〉と権力の生成」

一覧へ PDFへ
  • 日時:2013年12月21日(土)午後1時〜6時
  • 場所:一橋大学 東キャンパス国際研究館5階 ML会議室(地図44番の建物)
  • 主催:一橋大学大学院言語社会研究科、延世大学校人文学研究院
  • 発表者:鈴木将久(一橋大学言語社会研究科教授)、鄭晋培(延世大学校中語中文学科教授)、荒井幸康(亜細亜大学非常勤講師)、李田京(延世大学校人文学研究院 HK 研究教授)
  • コメンテーター:糟谷啓介(一橋大学言語社会研究科教授)、フフバートル(昭和女子大学教授)
  • 司会:イ・ヨンスク(一橋大学言語社会研究科教授)

第1部:近代中国における書くことの運命

  • 鈴木将久
     「近代中国における革命と言語」
  • 鄭晋培
     「魯迅における〈書くこと〉のアポリア」
  • コメンテーター:糟谷啓介

 

第2部:交錯する文字と権力

  • 荒井幸康
     「モンゴル諸民族、ソヴィエト初期言語政策にみる文字と政治」
  • 李田京
     「口訣と知識権力の形成――四書諺解を中心に」
  • コメンテーター:フフバートル

 

司会:イ・ヨンスク

第1部 第2部

 

このページのトップへ