HOME > 2016年度イベント情報 > 共同学術大会「戦争と暴力」をめぐる記憶の読み方

お知らせ

共同学術大会:「戦争と暴力」をめぐる記憶の読み方

一覧へ Poster へ
  • 日時:2017年3月31日(金)午後2時〜
  • 場所:一橋大学 東キャンパス国際研究館5階 ML 会議室(アクセス
  • 主催:一橋大学大学院言語社会研究科韓国学研究センター、成均館大学 東アジア歴史研究所
  • 予約不要、入場自由

 

【 共 同 学 術 大 会 】

司会:李信澈(成均館大学)

挨拶:イ・ヨンスク(一橋大学・韓国学研究センター長)

 

I 戦後日本の戦争記憶と歴史認識
    -体験と記憶の風化をめぐって

李圭洙(一橋大学)

 II 戦後日本の植民地支配と戦争の表象
    ―歴史関連博物館の展示を中心として 

李美愛(東京大学)

 III 戦場の記憶の空間化にみる沖縄の歴史認識  
     ―沖縄「慰安所マップ」と慰安婦のための碑をめぐって


洪玧伸(一橋大学)

 IV 慰安婦研究の新たな可能性を探る
     ―慰安婦の証言が語るもの

韓恵仁(成均館大学)

 

【 総 合 討 論 】

司会:宋連玉(青山学院大学)

 崔鍾吉(高麗大学)
 李信澈(成均館大学)
 金志勲(成均館大学)
 坂元ひろ子(一橋大学)

 

 

 

 

このページのトップへ