HOME > 2017年度イベント情報 > シンポジウム:ナビ派の現在

お知らせ

シンポジウム:ナビ派の現在

一覧へ Poster へ

【日時】 2017年5月15日(月)13:15~16:00

【場所】 一橋大学国立東キャンパス 国際研究館3階 大会議室
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html(36番の建物)

【事前申込不要・先着40名】

 

【概要】19世紀末パリの芸術シーンにおいて、それまでの絵画常識を覆した「印象派」の画家たちが脚光を浴びていた一方で、他の画家たちもまた、更なる革新的な芸術を追い求めていました。ゴーガンの美学に感銘を受けた「ナビ派」も、そうした新たな芸術を模索した集団であったといえます。ボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ヴァロットンらを中心とするナビ派の作品に見られるのは、平坦な色彩の面を用いた装飾的な画面構成、そして日常の中に潜む内面性に踏み込むかのような親密さで、そうした個性的な作品は私たちを惹きつけてやみません。三菱一号館美術館での「美の預言者たち―ささやきとざわめき:オルセーのナビ派展」開催を受け、近年国際的に評価が高まりつつある「ナビ派の現在」を紐解いていきます。

 

【話者】
東美緒(一橋大学大学院博士後期課程)
「ゴーガンとナビ派」

袴田紘代(国立西洋美術館研究員)
「ナビ派と浮世絵版画」

小泉順也(一橋大学大学院准教授)
「オルセー美術館におけるナビ派コレクション:収蔵の経緯と傾向の分析」

 

【主催】 一橋大学博物館研究会

【問い合わせ先】 m.koizumi@r.hit-u.ac.jp 小泉順也 (一橋大学大学院言語社会研究科)

 

 

 

このページのトップへ