HOME > 研究活動 > 教員の研究活動 > 教員の著書

研究活動

教員の著書

2017年

  • 個人的なことと政治的なこと : ジェンダーとアイデンティティの力学 / 井川ちとせ, 中山徹編著. -彩流社 [2017年3月刊行]
  • ヴュイヤール : ゆらめく装飾画 (「知の再発見」双書 ; 166‎)‎ / ギィ・コジュヴァル著, 小泉順也監修, 遠藤ゆかり訳. -創元社 [2017年1月刊行]

2016年

  • 誰も知らない香港現代思想史 / 羅永生著 ; 丸川哲史, 鈴木将久, 羽根次郎編訳. -共和国 [2015年8月刊行]
  • 中国メディアの現場は何を伝えようとしているか : 女性キャスターの苦悩と挑戦 / 柴静著 : 鈴木将久, 河村昌子, 杉村安幾子訳. -平凡社 [2014年4月刊行]
  • 當中國深入世界 : 東亞視角下的「中國崛起」 (亞際思想現場叢書 ; 01) / 鈴木将久主編. -亞際書院 [2016年4月刊行]
  • 中国が世界に深く入りはじめたとき : 思想からみた現代中国 / 賀照田著 ; 鈴木将久編訳. -青土社 [2014年1月刊行]
  • 星名宏修『植民地を読む : 「贋」日本人たちの肖像 (サピエンティア‎ ; 43‎)』、平凡社、2016年4月、ISBN:978-4588603433
  • 安田敏朗『漢字廃止の思想史』、平凡社、2016年4月、ISBN:978-4582833126

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

  • 安田敏朗(執筆) 『言語政策を問う!』(田尻英三, 大津由紀雄編)、ひつじ書房、2010年12月、213ページ、ISBN-13: 978-4894765283
  • 坂井洋史(共著) 『現代困境中的文学語言和文化形式』(20世紀文学史理論創新探索叢書)、山東教育出版社、済南、2010年9月、16開本、232ページ、ISBN-13: 978-7-5328-6258-0、原価28.00元RMB
  • 鵜飼哲(共訳) 『シャティーラの四時間』(ジャン ジュネ原著)、インスクリプト、2010年6月、221ページ、ISBN-13: 978-4900997295
  • 恒川邦夫(訳) 『精神の危機 他15篇』(ポール・ヴァレリー原著)、岩波書店、2010年5月15日、450ページ、ISBN-13: 978-4003256053
  • 鵜飼哲(共著)『飢餓の木 2010』、以文社、2010年4月、180ページ、ISBN-13:978-4753101856

2009年

  • 森本淳生(著) Paul Valéry. L'Imaginaire et la genese du sujet : De la psychologie à la poïétique, Lettres Modernes Minard, 2009
  • 鵜飼哲(監修)、中井亜佐子ほか(訳)『スピヴァク、日本で語る』(G.C.スピヴァク原著)、みすず書房、2009年4月25日、200ページ、ISBN-13: 978-4622074472
  • イ・ヨンスク(著) 『「ことば」という幻影』、明石書店、2009年1月30日、301ページ、ISBN-13: 978-4750329253

2008年

  • 安田敏朗(共著) 『田中克彦が語る① : 言語学の戦後』、三元社、2008年10月、198ページ、ISBN-13: 978-4883032266
  • 松永正義(著) 『台湾を考えるむずかしさ』、研文出版、2008年10月、319ページ、ISBN-13: 978-4876362813
  • 安田敏朗(著) 『金田一京助と日本語の近代』、平凡社、2008年8月、284ページ、ISBN-13: 978-4582854329
  • 鵜飼哲(著) 『主権のかなたで』、岩波書店、2008年5月、349ページ、ISBN-13: 978-4000234481

2007年

  • 中井亜佐子(著) 『他者の自伝 : ポストコロニアル文学を読む』、研究社、2007年12月、ISBN:978-4327481513
  • 安田敏朗(著) 『国語審議会─迷走の60年』、講談社、2007年11月16日、296ページ、ISBN-13: 978-4062879163
  • イ・ヨンスク(著) 『異邦の記憶 : 故郷・国家・自由』、晶文社、2007年10月、285ページ、ISBN-13: 978-4794967152
  • 安田敏朗(執筆) 『異郷の死 : 知里幸恵、そのまわり』、 人文書院、2007年8月、ISBN:978-4409160909
  • 安田敏朗(執筆) 『台湾・韓国・沖縄で日本語は何をしたのか : 言語支配のもたらすもの』、三元社、2007年3月、ISBN:978-4883031993

2006年

  • 松永正義(著) 『台湾文学のおもしろさ』、研文出版、2006年12月、295ページ、ISBN-13: 978-4876362615
  • 安田敏朗(著) 『「国語」の近代史―帝国日本と国語学者たち』、中央公論新社、2006年12月、308ページ、ISBN-13: 978-4121018755
  • 土岐健治(著) 『初期ユダヤ教研究』、新教出版社、2006年11月
  • 三浦玲一(訳) 『シニフィアンのかたち—一九六七年から歴史の終わりまで』(ウォルター・ベン マイケルズ原著)、彩流社、2006年10月、ISBN-13: 978-4779111914
  • 安田敏朗(著) 『統合原理としての国語 近代日本言語史再考 (3)』、三元社、2006年6月、372ページ、ISBN-13: 978-4883031788
  • 鵜飼哲(共著) 『戦争の克服』、集英社、2006年6月16日、264ページ、ISBN-13: 978-4087203479
  • 安田敏朗(著) 『辞書の政治学 ことばの規範とはなにか』、平凡社、2006年2月、252ページ、ISBN-13: 978-4582833119

2005年

  • 三浦玲一(著) 『ポストモダン・バーセルミ—「小説」というものの魔法について』、彩流社、2005年10月、476ページ、ISBN-13: 978-4779111242
  • 坂井洋史(著) 『懺悔と越境—中国現代文学史研究』、汲古書院、2005年9月、510ページ、ISBN-13: 978-4762927409

 

 

 

このページのトップへ