HOME > 研究活動 > イベント

研究活動

イベント

| (国際)交流セミナー | (国際)シンポジウム | 講演会 | ワークショップ | 研究科プロジェクト | 研究会・その他

(国際)交流セミナー

2016年度

日時 講演者 演題
2017/3/27 鄒羽(重慶大学教授)、張華(重慶大学講師) 「中国近現代における「改造」の諸相〈その三〉」(中国語)
2016/7/23 張業松(復旦大学中文系教授) 「晩年路翔的奮闘與憂傷」(中国語)
2016/6/11 Wendy Matsumura (Assistant Professor, Dept. of History, University of California, San Diago) "The Limits of Okinawa: Japanese Capitalism, Living Labor, and Theorizations of Community"(日本語、英語)

2015年度

日時 講演者 演題
2016/1/24 夏暁虹(北京大学教授) 「"新広東"と"新中国":政治から文学へ」(中国語)
陳平原(北京大学教授) 「声の政治:現代中国の"宣伝"と"文学"」(中国語)
2015/10/23 朴貞蘭(大分県立芸術文化短期大学国際総合学科専任講師) 「国語」を再生産する戦後空間−−建国期韓国における国語科教科書の問題(日本語)
2015/7/28 雷啓立(華東師範大学伝播学院教授) 伝播革命与社会思潮的変遷――以印刷時代的社会価値為中心(中国語)

2012年度

日時 講演者 演題
2012/10/26 カーリン・モーザー・フォン・フィルセック博士(ドイツ・トュービンゲン大学教授) 仮象の真実(ドイツ語)
2012/4/23 ユ・ヒョンジュ(韓国・延世大学校文科大学独語独文学科教授) パフォーマンスとしての詩学――Poetry Slamsと文化的転換(韓国語)

2011年度

日時 講演者 演題
2012/2/2 イ・サンラン(韓国・西江大学文学部教授) 韓国の現代演劇における伝統の創造的受容と相互性ーーオ・テスク演劇を中心に(韓国語)
2012/1/13 雋 雪艶(セン・セツエン)(中国・清華大学外語系教授) 和歌・俳句という文化の越境 ー「民族化」・「自由化」・「新定型化」の翻訳方略をめぐってー(日本語)
2011/12/20 朴 明圭(パク・ミョンギュ)(ソウル国立大学社会学科) 東アジア平和研究への概念史的アプローチ(韓国語)

2010年度

日時 講演者 演題
2011/1/26 馮海鷹(フォン・ハイイーン)(清華大学人文 社会科学学院・准教授) 中国における日本近代文学研究の動向(日本語)
2010/7/13 沈 慶昊 (シム・ギョンホ)(高麗大学校文科大学漢文学科教授) 朝鮮の漢文学(日本語)
2010/6/28 Christine Lévy (クリスティーヌ・レヴィ)(ミシェル・ド・モンテーニュ・ボルドー第3大学教授) フェミニズムと母性に関する再考察 (Rethinking Feminism and Motherhood)(日本語) 
2010/6/8 文叔子(ムン・スクジャ)(韓国国立国史編纂委員会研究員) 日記からみた近世朝鮮の家族史(韓国語)
2010/4/20 林志弦(イム・ジヒョン)(漢陽大学教授・比較史比較文化研究所所長) 人文学の可能性と限界(韓国語)

2009年度

日時 講演者 演題
2010/1/23 李珍景(イ・ジンギョン)(ソウル産業大学校教授) コミューン主義における共同性と特異性 (Commonness and Singularity in Commune-ism)(韓国語)
2009/5/29 ディナ・アル=カーシム(カリフォルニア大学アーヴァイン校准教授) 神に見放された言葉 (Reprobate Words)(英語)
2009/4/18 クリストファー・フィンスク(アバディーン大学教授) 主権的エクリチュール (Sovereign Writing)(英語)
2009/4/9 レナーテ・ジャコムッツィ (インスブルック大学) インターネット文学の挑戦 〜 記録装置としてのインターネット、ウェブ・マガジンの試み(Literatur im Internet als Herausforderung fur Literaturwissenschaftler und Archivare)(ドイツ語)
2009/4/9 ペーター・ジャコムッツィ(インスブルック大学) 母語は私の存在基盤か? 〜 言語と文化アイデンティティ、民族意識(無意識)について (Meine Sprache, mein Sein?)(ドイツ語)

2008年度

日時 講演者 演題
2008/6/9 シルヴィオ・イェシュア
テル=アヴィヴ大学名誉教授
ミシェル・ジャルティーの新刊『評伝ポール・ヴァレリー』と伝記についてヴァレリーが考えていたこと

2007年度

日時 講演者 演題
2008/1/18 金 石範
作家
文学と歴史
2007/12/24 程 凱
中国社会科学院文学研究所副研究員
中国30年代の左翼文学
2007/11/29 R.M.W.ラジャパクセ
ケラニア大学人文学部教授
Sinhala Diglossia and its Implications for Literacy
2007/11/8 チャン・ヒチャン
韓国国立国語院研究員
韓国における放送言語の改善施策について
2007/8/1 ロバート・フィリプソン
コペンハーゲン・ビジネスクール教授
Linguistic Imperialism in the Age of Globalization and Empire
2007/6/14 ラルフ=ライナー・ヴーテノー
フランクフルト大学教授
Bilungskonzept von Hegel zu Nietzsche (ヘーゲルからニーチェに至る教養の概念)
2007/6/12 パク・ノジャ
オスロ国立大学人文学部教授
韓国と帝国主義―抵抗と追撃の間

2006年度

日時 講演者 演題
2007/2/22 堀尾 耕一
東京大学人文科学系研究科博士課程
教育としての修辞学 〜ローマ帝政期の作文教科書(プロギュムナスマタ)をめぐって〜
2006/10/6 ジョルジュ・セル
オスナブリュック大学教授
ヨーロッパの環境政策
2006/10/3 関口 涼子
詩人 パリ東洋語学校講師
詩はどのように言語の境界を越えるか
2006/6/20 キャロンライン・ハウ
京都大学東南アジア研究所助教授
日本のアジア主義とフィリピン
2006/5/30 呉 叡人
台湾中央研究院台湾史研究所助研究員
もう一つの「閉塞時代」の精神史―龍瑛宗の戦前台湾小説にみられるコロニアルな主体の形成

2005年度

日時 講演者 演題
2006/1/29 李 煥
多摩美術大学大学院美術研究科教授
余白の芸術
2006/1/27 ラー・ミン・ハン
ベトナム社会科学院漢文チュノム研究所研究員
ベトナムのチュノム―日本の国字との比較
2005/11/17 陳 千武
詩人・小説家
台湾人特別志願兵の体験と戦後
2005/10/25 ミシェル・ジャルディ
ソルボンヌ大学文学部教授
シオランはユマニストか?
2005/7/8 エリック・ビュロ
ブルージュ国立美術大学教授・映像作家
映像作品上映
講演:河瀬直美を讃えて
2005/7/8 カトリーヌ・マラブー
パリ第10大学助教授
ヘーゲルの未来
2005/5/20 ヴォルフガング・ハックル
インスブルック大学教授
神話とビジネスの間―スピリ作「ハイジ」ロマンとの関係

このページのトップへ

(国際)シンポジウム

2016年度

2015年度

2014年度

日時 イベント
2015/3/7 言語社会研究科・上海大学文学院 国際シンポジウム「中国近現代における改造の諸相」 
2015/1/11 科研費基盤(B)「モダニズムの越境性/地域性――近代の時空間の再検討」主催 One-Day Forum "C. L. R. James Today"
2014/5/16 一橋大学大学院言語社会研究科研究プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築(第U期)」主催  国際シンポジウム「中国近現代における"改造"の諸相〜伝統戯曲と映画の場合」

2013年度

日時 イベント
2014/2/3 「台湾、沖縄、....分断と孤立のアジアをつなぎ直す」
2014/2/1〜 2/2 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 「〈生表象〉の近代 ─ 自伝・フィクション・学知 ─」
2013/9/28 文学・証言・生表象 ―文学研究と歴史記述研究の対話―
2013/7/19 一橋大学大学院言語社会研究科研究プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築(第U期)」主催  国際シンポジウム「国家・公民社会・言論空間―“災難”(512/311)後的文化反思想―」

2012年度

日時 イベント
2013/1/12 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 「エクリチュールと「自己」――テクストはいかにして生成するのか?
2012/11/24 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画「経験、エクリチュール、学知――生表象の動的プロセス
2012/7/21 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 「生と性、自伝、あるいは、フィクション
2012/7/14 国際シンポジウム「Freud and the Postcolonial
2012/7/1 国際シンポジウム「Contemporary Adaptations of Shakespeare: Shakespeare and Postcolonialism

2011年度

日時 イベント
2012/3/15

科研費基盤(B)「モダニズムの越境性/地域性」及び科研費基盤(C)「冷戦期リベラル文化の再検討」共催  "Culture of New Deal Liberalism"

2012/1/21 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 「私小説・亀裂・モダニティ ー日本/中国の視角からの再考ー」
2011/12/17 科学研究費補助金 基盤研究(B)研究プロジェクト「モダニズムの越境性/地域性——近代の時空間の再検討」主催 シンポジウム"Remaking Modernism -- Regionalism, Transatlanticism, Postcolonialism"
2011/10/15 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 「自伝的エクリチュールにおける他者と集合性」
2011/8/1 科研費・基盤研究(C)研究プロジェクト「古典の歪曲」企画 「実存の悲劇的根拠」
2011/5/13〜14 言語社会研究科、韓国延世大学言語情報研究院、国語国文学科共催 「言語、ナラティヴ、権力」

2010年度

日時 イベント
2011/1/29 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 研究セミナー「20世紀フランス語圏文学における《自伝的エクリチュール》の探求」
2010/9/23 科研費・基盤研究(B)研究プロジェクト「生表象の動態構造—自伝、オートフィクション、ライフ・ヒストリー」企画 研究セミナー『日本における《私語り》の変容』
2010/6/28〜29、7/1 Hitotsubashi International Fellow Program企画 連続講義“Korean Thoughts and Religions----A Historical Survey/Korean Buddhist Thinkers/Confucian Kingship in Chosun Dynasty"

2009年度

日時 イベント
2010/1/23 Hitotsubashi Invited Fellow Programによる 「生表象の動態構造:虚構と現実のあいだ」
2010/1/18 Hitotsubashi Invited Fellow Programによるセミナー『谷崎潤一郎の小説における<手紙>

2008年度

日時 イベント
2009/3/20〜22 言語社会研究科、国立政治大学台湾史研究所(台湾)及び東京大学総合文化研究科共催  「2009台湾史青年学者国際研討会」
2008/7/5 言語社会研究科,国立国語研究所,韓国国立国語院主催 国際シンポジウム「言語の公共性と言語教育」
2008/6/27〜28 上海財経大学、言語社会研究科、フロリダ大学アジア・アフリカ言語文学系・国際ビジネス教育研究センター共催 上海における国際シンポジウム「当代語言学理論与商務漢語教学国際研討会」

2007年度

日時 イベント
2008/2/21 成均館大学(韓国)、言語社会研究科共催 国際コロキウム「近代的な<書くこと>(writing)の形成と<書くこと>の場の再認識」

このページのトップへ

講演会

2016年度

2015年度

日時 イベント
2015/8/1 亜際書院・科研費基盤(B)「戦後日本におけるアジア主義の再検討」共催 板垣雄三講演会「Modernityについて考える人類的立場」

2014年度

日時 イベント
2015/3/15 科研費基盤(B)「モダニズムの越境性/地域性――近代の時空間の再検討」主催 ピーター・ホルワード (Peter Hallward) 講演会
2015/2/17 科研費基盤(B)「モダニズムの越境性/地域性――近代の時空間の再検討」主催 講演会 "National Phantasmagoria: Vagrants, Migrants and Natives"
2014/12/20 Dorothy J. Wang氏 講演会"Asian American Poetry and the Politics of Form"
2014/7/1 呉佩珍先生講演会「皇民化時期における真杉静枝の台湾表象ー「サヨンの鐘」関連作品と「南方の言葉」を中心に」
2014/4/21 William Marx: "Le Pur et le Moderne" 《純粋とモダン》講演会

2013年度

日時 イベント
2014/1/12 科研費基盤(B)「モダニズムの越境性/地域性――近代の時空間の再検討」企画 Dr. Daniel Williams "Comparing Cultures" Lecture Series: "'In the Wide Margins': Modernism, Nationalism in Wales and African America"
2013/11/30 汪暉氏講演会「声の善悪:啓蒙とは何か 魯迅『破悪声論』再読
2013/5/27 恒川邦夫先生講演会「フランツ・ファノンの現在
2013/5/16 くぼたのぞみ氏講演会「クッツェーを訳しながら考えたこと

2012年度

日時 イベント
2013/3/26 "Transpacific Studies: Interventions and Intersections" Lecture by Viet Thanh Nguyen, Univ. of Southern California.
2013/3/3 科学研究費補助金 基盤研究(B)研究プロジェクト「モダニズムの越境性/地域性」 Nicholas Royle Lecture Series - Reading Joseph Conrad:Episodes from the Coast

2011年度

日時 イベント
2011/11/2 科研費・基盤研究(C)研究プロジェクト「ヨーロッパの文学・思想継承における歪曲の系譜」企画 講演会「力への意志ーーエリーザベト・ニーチェの場合」
2011/10/24 研究科「教育研究改革・改善プロジェクト・東アジアにおける地域横断的研究教育ユニットの編成」企画 「陳思和(復旦大学教授)との共同講義」

2010年度

日時 イベント
2011/1/26, 1/28 連続セミナー「韓国近代小説の形成過程とその近代的特性」
2010/10/6 講演会「芸術と著作権」
2010/9/26 「アドルノ『美の理論』」読書会 (Theodor W. Adorno: Ästhetische Theorie, S.193ff.)
2010/4/23 ドキュメンタリー映画「哲学への権利」上映・討論会

2009年度

日時 イベント
2010/1/27 井上義夫教授最終講義 「近代文学研究の盲点― D.H.ロレンスから村上春樹まで―」

2008年度

日時 イベント
2009/1/28 土岐健治教授最終講義 「ディアスポラ」 

2007年度

2006年度

日時 イベント
2006/7/22 金村修「とまるな、みるな」

 

このページのトップへ

ワークショップ

2016年度

2015年度

2014年度

日時 イベント
2015/3/19 Yu-Fang Cho氏 ワークショップおよびシンポジウム "Transnational America and the Question of Literature"
2014/11/8 国際ワークショップ「言語をめぐるナラティブの磁場ーー社会、権力、言語教育
2014/7/18 一橋大学大学院言語社会研究科研究プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築(第U期)」主催  国際ワークショップ「『魯迅留日時期剪報文集』の意義」

2013年度

日時 イベント
2014/1/11 科研費基盤(B)「モダニズムの越境性/地域性――近代の時空間の再検討」企画 Dr. Daniel Williams "Comparing Cultures" Lecture Series : "Raymond Williams and Edward Said" Workshop
2013/12/21 共同国際ワークショップ「〈書くこと〉と権力の生成」(言語社会研究科・延世大学校人文学研究院共催)
2013/6/15 リピット水田堯氏による大学院生ワークショップと講演会「原子の光と映画の誕生」

2012年度

日時 イベント
2012/7/20 国際ワークショップ「ことば、表記、アイデンティティ
2012/5/16 2012 SNU-HU-UBC Graduate Workshop

2011年度

2010年度

日時 イベント
2010/9/10〜11 国際共同ワークショップ「韓国研究と日本研究との対話」(言語社会研究科・University of British Columbia共催)

2008年度

このページのトップへ

研究科プロジェクト

2013年度

日時 イベント
2014/3/27 研究科プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築(第 II 期)」、(財)ワンアジア共催 国際シンポジウム「アジアの未来 中国の経験 革命・人民・社会主義」
2014/3/1 研究科プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築(第 II 期)」主催「周立民氏講演会「中国現代作家博物館建設和運営現状ー以巴金故居為例

2012年度

日時 イベント
2013/1/15、1/21 研究科プロジェクト「東アジアの研究教育ユニットの形成」 韓国延世大学社会学教授キム・ワンベ先生による特別講義」

2011年度

日時 イベント
2012/3/17 研究科プロジェクト「東アジアにおける地域横断的研究教育ユニットの編成」共催 国際シンポジウム「知の記憶/構築/実践――1980年代中国=文化/文学状況の再検討」
2012/2/18 研究科プロジェクト「1930年代台湾における大衆文化」および科学研究費補助金 (C)「東アジア植民地期映画フィルム史料の多角的研究モデル構築」(研究代表者:三澤真美恵・日本大学) 共催 シンポジウム 「1930年代台湾における大衆文化」

2010年度

日時 イベント
2011/3/11 研究科プロジェクト「トランスアトランティック・モダニズム」および津田塾大学言語文化研究所「英語圏文学におけるポストコロニアリズムの可能性」研究会共催 シンポジウム "Minorities & Globalism"
2010/7/10 研究科プロジェクト「トランスアトランティック・モダニズム」および商学研究科越智博美教授科研費プロジェクト「「冷戦期リベラル文化の再検討」共催 シンポジウム "Modern Materiality, Subjectivity, and Memory: Theory, Fascism, and the New Deal"

2009年度

日時 イベント
2009/9/27 研究科プロジェクト「トランスアトランティック・モダニズム」第二回研究会 「冷戦期米国の批評理論とEdward Said ードライサーかジェイムズかの文学史を、トランスアトランティックに、見直すために」
2009/7/4 研究科プロジェクト「トランスアトランティック・モダニズム」第一回研究会 「イギリス・モダニズム文学と精神分析 ーその間テクスト性の再吟味」

2008年度

日時 イベント
2008/11/8 研究科プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築」主催 日中シンポジウム「いま魯迅を読む」

2007年度

日時 イベント
2008/3/25 研究科プロジェクト「中国現代文学研究ネットワークの構築」第一回企画 「張新頴氏(中国上海・復旦大学中文系教授)を囲んで」ワークショップ

 

 

 

研究会・その他

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

日時 イベント
2014/1/29 高麗大学教授 ビョン・ヨンソプ先生をお迎えしての特別授業「文化財保存の政治学」
2014/1/25 科研費基盤(B) 「ポスト太平洋戦争の「英米文学」研究―トランスパシフィックな文学的想像力と政治学」研究会「帝国的編成に抗して−沖縄をめぐるジェンダー化、 人種化、民族・国民化の図式とその亀裂

2012年度

 

 

 

このページのトップへ