English

入試情報

関連情報

自然災害時の対応

自然災害(地震・洪水・火山爆発・台風などの自然現象が直接原因となって起こる災害を指す)および自然災害を原因とする交通機関の運休・大幅な遅延など、不測の事態が発生して、入学・進学・編入学・修了試験の実施に影響を及ぼす場合の対応について、以下にお知らせします。

自然災害による試験延期および中止の基準
  1. 国立市に大雨・洪水・暴風・大雪・暴風雪のいずれかの警報が発令された場合の判断基準。
    1. 午前7時に警報が発令中の場合は、当日の試験を中止します。
    2. 試験が午後から開始される予定で、午前11時に警報が発令中の場合は、当日の試験を中止します。
    3. 試験開始後に発令された場合は、試験実施本部(言語社会研究科事務室に設置)の指示に従ってください。
  2. 大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づく警戒宣言が発令された場合の判断基準。
    1. 午前7時に警戒宣言が発令中の場合は、当日の全ての試験を中止します。
    2. 試験が午後から開始される予定で、午前11時に警報が発令中の場合は、当日の試験を中止します。
    3. 試験開始後に発令された場合は、試験実施本部の指示に従ってください。
  3. 自然災害によりJR中央線及びJR南武線の国立市域を含む区間(以下「両線の区間」と略記)が同時に運休した場合の判断基準。いずれかが運行されている場合は、特別の措置を講じません。
    1. 午前7時に両線の区間が運休している場合は、当日の全ての試験を中止します。
    2. 試験が午後から開始される予定で、午前11時に両線の区間が運休している場合は、当日の試験を中止します。
    3. 試験開始後に両線の区間が運休した場合は、試験実施本部の指示に従ってください。
    4. 両線ともに運行しているが、大幅な遅延が生じている場合は、必ず交通機関発行の「遅延証明書」を受領、持参の上、試験場到着後、試験実施本部の指示に従ってください。