English

教員紹介

教員と研究領域/第一部門(人文総合)

武村 知子

研究室:東キャンパス国際研究館4階
オフィスアワー:随時。ただしメールでアポイントメントを取ること。
連絡先:メールアドレスはスパム対策のため画像化されています
この門をくぐる者は

目の前にあるものに、言語をもって相対するとき、
どこまで何が可能なのか。
問題は、言語にとって何が可能か、ではなく、
私の言語にとって何が可能か、以外ではない。
私の目の前にあるものは私の目の前にしかなく、
そこで発せられるのは私の言語でしかない。
私の言語だけが、私の目の前にあるものに対峙できる、
できなければ――それだけのこと、
あなたが何を書かなくとも、世界は回ってゆくだろう。
それで一向構いはしないのだよ。
私が必要とするものは、私が相対しようとするものだけだ。
あなたを必要とするものは、あなたが相対しようとするものだけだ。
私は私の言語をもってどのようにどこまで、あなたに対峙できるのか。

多くの「私たち」の目の前にあったもの一覧(順不同)

ウォン・カーウァイ、Blanky Jet City、W・フォーサイスのダンス、マルチ・ストーリー映画、ガンダム、植物写真、メランコリー論、クリント・イーストウッド映画、一般動画論、子供オペラ、『キャプテン・ハーロック』、野村佐紀子の写真、クロソフスキー、夢野久作、『千年女優』、モッズ、北野映画、テクノミュージック、サウンドスケープ、『ハンター×ハンター』、演劇身体、エル・リシツキーのブックデザイン、ジェンダーの視線、モンドリアン、レイヴカルチャー、アンドレ・バザン、フィルム・ノワールの辺境、戦争と絵画、映像における原爆表象、ソクーロフ『オリエンタル・エレジー』、宮沢賢治のオノマトペ、『鋼の錬金術師』、ブレッソン、サインウェーヴ・ミュージック一般、ニコライ・カールステン、韓国の「女性マンガ」、フィルムの傷、「ipod」CM戦略、「文字を読む」こと、ダイアン・アーバスの写真、ゆうこりん、メルロ・ポンティ、ヤナーチェクのオペラ、アルトマン、インターネットの言説と少年犯罪、『不思議の海のナディア』、ドリュ・ラ・ロシェルと戦間期フランスのデカダンス、帝政期ロシアの映画ジャーナリズム、明治期の女性の身体、夏目漱石と阿部公房における主体の「ずれ」、「かんぐる」ことと「根拠」、ヒップホップ、『呪怨』+『サスペリア』、マンガ・ボクシング、歌声の超越、録音を聞くこと、ユスターシュ、アントニオーニ、黒田硫黄、「精確さ」、対話、プチ涅槃、白い茶碗と「用の美」、写真と写真家、写真と写真家とカメラ、フジモリ訴追問題、源氏物語のエピステーメー、司法における修復的手法、サンタクロース、『百年の孤独』、旅行、プルースト、エロゲー、情熱、メキシコ映画、動員、神秘主義体験の言説、少年少女を説得する方法、言語のリズム、『パン屋再襲撃』、黒沢清、フォント、資本主義、スナップ写真、『プロジェクトX』、女子校言説、禅、『千と千尋』、戦争映画、仮眠(アステリスク)、伊勢物語、「所作」、明治初頭海軍伝習における西洋音楽の受容、『フィガロの結婚』、ブーレーズ、ドキュメンタリー映画製作におけるコミュニケーション、『ファンタスティック・プラネット』、『遊戯王』、映画における文字、『蟲師』、帝政期ロシアにおける映像アーカイヴ、登山地図と記述の消滅、魔術的リアリズム、フィクション、映画における音、『大菩薩峠』、サニーデイ・サービス、『ロスト・ハイウェイ』、デ・ホーホ絵画の連続空間、リチャード・ブローティガン、絶対理論と音楽構造、性の商品化、彼女、くまのプーさん、インドのポップな神々、サイボーグ的身体、『ニューロマンサー』、『花よりもなほ』、ヴィジュアル・ロック、パンソリと浄瑠璃と民画、『かげろふ日記』、NHKの公共性、紅白歌合戦における『ポニョ』、ソンタグのコレクション論、五味康祐、シュテファン・ゲオルゲ、阿部公房『カンガルー・ノート』『密会』『赤い繭』、エステル・クルンバホヴァーの映画とチェコ・ニューウェイヴ、『春と修羅』序、村上春樹における空気、物語主義、『のでのでので』、ミース・ファン・デル・ローエのガラス建築、『攻殻機動隊』、松本人志、能におけるキリと変身、カズオ・イシグロ、ケムール人、「アントワーヌ・ドワネルの冒険」、韓国におけるネトロポリス・シエル、森敦『意味の変容』、『夏目友人帳』、中国の「詩-映画」、椋鳩十、江南の文人、ヴェジタリアニスム、中村宏の赤い便器、『ひぐらしのなく頃に』のループ構造、チェルフィッチュ、東野圭吾、『カタンの開拓者たち』と会話駆動型ゲームの会話分析、バナナマン、チェコの『白い鳩』と太陽、『マルメロの陽光』の太陽、蜷川実花、『果てしない物語』、中国の小劇場演劇、ナンニ・モレッティとモキュメンタリー、木村拓哉、立川談志、字幕、黒、プログラミング言語、輪廻と主体、『橋』(その他俄かには思い出せぬもの多数)

2017年6月26日