English

告知・催事

催事・発信

新着イベント情報

*韓国学研究センター関連イベントはこちら
*過去のイベントはこちら

2018年度
大学からの文化創成

公開ゼミ

大学からの文化創成
講師:室井 尚(横浜国立大学教授)
日時:2018年6月29日(金)18:00~20:00
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館4階 大教室
事前申し込み不要・参加費無料
問い合わせ:鵜飼 哲

1997年、劇作家の唐十郎を横浜国大に招聘、横国大生たちの劇団唐ゼミ☆をプロデュース。2001年のヨコハマトリエンナーレでは現代美術家・椿昇と共に50 メートルの巨大バッタバルーンの作品を制 作。その他多数のアートイベントやプロジェクトを学生たちと作り出してきた軌跡を辿り、ますます管理統制が進み息が詰まりそうな大学という場所に新たな空き地を切り拓く可能性を探る。

横浜都市文化ラボホームページ (http://y-labo.wixsite.com/home)

ミュージアムへの招待

一橋大学公開講座

ミュージアムへの招待:大学院から始める学芸員資格
講師:喜多崎 親(成城大学文芸学部教授)、成相 肇(東京ステーションギャラリー学芸員)、大橋 菜都子(東京都美術館学芸員)、小泉 順也(一橋大学言語社会研究科准教授)
日時:2018年6月23日(土)13:30~16:40(13:00開場)
場所:一橋大学国立キャンパス(西) 本館21番教室 アクセス(建物地図⑩)
定員:250名
配布資料
一橋大学「芸術と社会」研究会

一橋大学「芸術と社会」研究会 第19回研究発表会

近代フランス美術の輝き
日時:2018年6月16日(土)14:30~16:45
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館4階 大教室
主催:一橋大学「芸術と社会」研究会
事前登録必要|先着60名
昆虫採集の光と闇

一橋大学院生講座(公民館連携企画)

昆虫採集の光と闇
講師:魚返 真央(博士課程)
日時:2018年5月 前篇13日(日)、後篇27日(日)ともに14:00~16:00
場所:国立市公民館 3階講座室
定員:25名(申込先着順)、申込みは公民館 TEL 042-572-5141 まで
研究科内問合せ:武村 知子
2017年度
接近 張愛玲

国際シンポジウム

接近 ⇒ 張愛玲
講師:陳 子善(中国上海・華東師範大学)、倪 文尖(中国上海・華東師範大学)、濱田 麻矢(神戸大学)
日時:2018年3月26日(月)14:00~17:00
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館3階 大会議室
言語:中国語(通訳あります)
その他:入場無料、事前申し込み不要、ご来聴歓迎
問い合わせ:坂井 洋史
張愛玲の文学 そして胡蘭成

カルチャートーク

張愛玲の文学 そして胡蘭成
講師:陳 子善(中国上海・華東師範大学)、倪 文尖(中国上海・華東師範大学)
日時:2018年3月25日(日)14:00~16:00(13:30開場)
場所:福生市立中央図書館2階学習室
言語:中国語(通訳あります)
共催:福生市教育委員会・一橋大学大学院言語社会研究科
その他:入場無料、事前申し込み不要、先着50名
司会・問い合わせ:坂井 洋史
魯迅「硬訳」の政治と技術

講演会

魯迅「硬訳」の政治と技術
講師:黄 悦(北京語言大学/金沢大学)
日時:2018年2月27日(火)15:00~
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館5階 ML会議室
言語:中国語(通訳なし)
問い合わせ:鈴木 将久
80年代中国文化研究会(第3回)
80年代中国文化研究会(第3回)
日時:2018年2月9日(金)14:00~
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館5階 ML会議室
言語:中国語(通訳なし)
報告1:楊 念群(中国人民大学)
報告2:趙 京華(北京第二外国語学院)、李冬木(仏教大学)
報告3:張 業松(復旦大学)
連絡先:鈴木 将久

80年代中国文化研究会では、1980年代の中国文化を大学キャンパスの文化活動に着目して整理する作業をしています。今回は当時の大学で活発な文化活動をした4名の研究者を招き、話をうかがいたいと思います。関心のある皆さまの参加をお待ちしております。

鵜飼哲 最終ゼミ(公開)

鵜飼哲 最終ゼミ(公開)

『原理主義とは何か』以後
日時:2018年1月20日(土)14:30~17:30
場所:一橋大学 佐野書院
発言:西谷 修(立教大学)、港 千尋(多摩美術大学)
応答:鵜飼 哲(一橋大学)
司会:呉 世宗(琉球大学)、田浪 亜央江(広島市立大学)
史料与方法

国際シンポジウム

史料與方法
日時:2017年11月25日(土)10:00~17:30
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館4階 大教室
入場自由、来聴歓迎、通訳あり
主催:一橋大学大学院言語社会研究科、華東師範大学中国語言文学系
問合せ先:鈴木 将久
四十雀賞ポスター
2017年度「四十雀賞」授賞式/受賞記念講演会
日時:2017年11月21日(火)15:30~
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館4階 大教室
入場無料、御来場希望の方は下記問合せ先まで
受賞団体:「ヒロシマと音楽」委員会/講演:能登原由美(委員会実行委員長)
問合せ先:小岩信治研究室
80年代中国文化研究会(第2回)
80年代中国文化研究会(第2回)
日時:2017年10月17日(火)14:00~
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館3階 大会議室
報告1:呉 重慶(中山大学)/コメント:陳 少明(中山大学)
報告2:張 志強(中国社会科学院)/コメント:鈴木 将久(一橋大学)
連絡先:鈴木 将久
大学院生ワークショップ ポスター

<英文ジャーナル "Correspondence" 関連企画>

Kevin Floyd さん講演 "Feminization of Labor in a Biotechnological Age"
日時:2017年9月23日(土)15:00~
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館4階 大教室
講師:Kevin Floyd (ケント州立大学準教授)、クィア・スタディーズとマルクス主義の接合可能性を探求した画期的著作 "The Reification of Desire: Toward a Queer Marxism" (2009)の著者
*英文ジャーナル "Correspondence" 今年度号のテーマ Reimagining Class and Labor にもとづく企画です。下の大学院生ワークショップと併せてぜひご参加ください。
大学院生ワークショップ ポスター

<英文ジャーナル "Correspondence" 関連企画>

Graduate Workshop with Kevin Floyd
日時:2017年9月20日(水)15:00~17:30
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館4階 共同研究室2
内容:大学院生3名による研究発表にフロイドさんからコメントをいただき、その語フロアを含めて議論をします。
*上に同じく、英文ジャーナル "Correspondence" 今年度号のテーマ Reimagining Class and Labor にもとづく企画です。講演と併せてふるってご参加ください。
王風講演会 ポスター

<国際交流セミナー>

王風講演会:文體的創製和語體的養成 ―二十年代周氏兄弟的散文―
日時:2017年5月15日(月)15:30~
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館5階 ML会議室
講師:王 風(北京大学中文系教授)
使用言語:中国語(通訳あり)
予約不要、入場自由
ナビ派の現在 ポスター

<シンポジウム>

ナビ派の現在
日時:2017年5月15日(月)13:15~16:00
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館3階 大会議室

報告

2016年度
Dr.Ortland ポスター
Die Ethik des Kopierens im Konflikt zwischen Informationsfreiheit und Zensurbestrebungen (複製の倫理――情報の自由と検閲の間で)
日時:2017年3月17日(月)14:00~(終了後懇親会の予定あり)
場所:一橋大学国立キャンパス(東) 国際研究館5階 ML会議室
講師:Dr.Eberhard Ortland(ビーレフェルト大学学際研究センター研究員、博士)
使用言語:ドイツ語(通訳あり)
予約不要・入場無料